看護師への道と
「看護」を職業とし
確立させ貢献した人

世界の看護指導者について…白衣の天使への憧れ。看護師はハードだけど、やりがいのある仕事。

支えあって生きてゆく

看護師目指すなら…

日本での従軍看護婦としての歴史

帝国陸海軍として (日清戦争と日露戦争)

日本の従軍看護制度が始まったのは1890年、前述の新島 八重が看護の場へ出た年です。1890年(明治23年)4月に、日本赤十字社看護婦養成所に10名が一期生として入校しました。

看護養成所としての養成期間は3年で、卒業後には20年間にわたり応招義務※1が課せられていました。

根拠となる養成所規則の中に「20年間は国家有事の日に際せば本社の招集に応じ」とあります。それから、応招義務年限は15年、さらに12年へと短縮されてきましたが、この規則の効力は旧日本軍解体後の1955年(昭和30年)1月16日まで存続していました。

日本赤十字社看護婦養成所を卒業した者は、平時の何事もない時には日赤病院(またはその他)に勤務、戦時招集状が届けば、いかなる家庭の事情があろうとも、戦地に出動するといのが原則でした。事実、太平洋戦争(大東亜戦争)時には、産まれたばかりの乳飲み子を置いて、招集に応じた看護婦も少なくありませんでした。

日清戦争の時には、はじめて日赤看護婦が陸海軍の病院に招集され、そして陸海軍の病院で活躍をしました。その当時のマスコミは、その壮挙を大いにたたえ、「従軍看護婦」として宣伝しました。その活躍は、みるみる間に国民に「従軍看護婦」として広く存在を認知されることへとなりました。

しかし、このときには従軍看護婦は日本国内の病院での任務にとどまり、外地には行きませんでした。日清戦争後の論功行賞がなされた際、招集された日赤看護婦は叙勲の対象になったため、新しい女子の職場として、看護婦の人気が高まることになりました。

※1応招義務は、現在は医師に適用されています。医師法第19条で 「診療に従事する医師は、診察治療の求があった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない」しかし罰則規定はありません。

日清戦争の教訓から、1901年(明治34年)12月の日本赤十字社条例(勅令223号)が改正されました。

自宅で学習、生涯学習。

第1条において

  • 「陸海軍の戦時衛生勤務を幇助す」
  • 「陸軍大臣、海軍大臣は第1条の目的のため日本赤十字社を監督す」
  • 「救護員は陸海軍の規律を守り命令に服するの義務を負う」
  • 「看護婦長及看護人長の待遇は下士官に、看護婦、看護人は兵に準ず」

と規定され、日赤看護婦と陸海軍の関係は、つかずはなれずといった関係になりました。

日露戦争では、2160名もの日赤看護婦が従軍しました。そして、39名の犠牲者を出すことになりました。しかし、日露戦争でも日清戦争と同じく、全員が内地勤務だったので、犠牲者も病死です。

帝国陸海軍として (第一次世界大戦・第二次世界大戦)

第一次世界大戦が開戦され、シベリア出兵の時に、はじめて病院船への乗り組み、外地勤務が命じられることとなりました。

1919年(大正8年)、それまで平時の陸軍の病院には看護婦は全く存在しませんでしたが、東京衛戍病院において試験的に看護婦を採用し導入したところ、大変に評判がよかったので、翌年からすべての陸軍衛戍病院において看護婦を採用し、「陸軍看護婦」と呼ぶようになりました。はじめは陸軍看護婦は、日赤看護婦養成所の卒業生からのみの採用となっていましたが、それから後には一般の看護婦資格を有する看護婦からも陸軍看護婦へと採用していきました。待遇はといえば、傭人でしたが、陸軍部内限って、婦長は「伍長相当待遇」で、看護婦は「二等兵相当待遇」でした。

戦時の際には、は陸軍看護婦も日赤看護婦と同じく、外地での勤務も命じられることになりました。

それから、日中戦争が勃発し戦線が拡大していくと、従軍看護婦の不足と従軍者の補充が大きな問題となりました。そこで、日赤は従来3年だった救護看護婦の教育期間を2年半に短縮しました。太平洋戦争勃発後の1942年には従来の救護看護婦(高等女学校卒業)を甲種看護婦に格上げをします。そして、新たに乙種看護婦(高等小学校卒業の学歴で、2年間の教育)という速成コースを設けるとともに、採用年齢の下限を従来の18歳から16歳にまで引き下げることになりました。

満州事変・日中戦争・太平洋戦争において出動した従軍看護婦の数は、日赤出身者だけで960班(一班は婦長1名、看護婦10名が標準)、延べにして35,000名(そのうち婦長は2,000名)で、うち1,120名が戦没した。

太平洋戦争終了時に陸軍看護婦として軍籍にあった看護婦の数は20,500名、そのうち外地で看護婦としての任務に就いた人数は6,000名にものぼりました。応召中の日赤看護婦は15,368名。海軍においても病院船などで従軍看護婦が活動していましたが、残念ながらそのデータはありません。

自衛隊としての看護師

今現在、陸上自衛隊には、看護師資格を有する自衛官が存在します。自衛隊中央病院に設置された高等看護学院において、看護学生として養成が行われています。高等看護学院在校中に看護師国家試験を受験します。そして、合格後は二等陸曹の階級となります。平時は各地の自衛隊病院などに配置されています。

また、看護師資格者の不足を補うために、准看護師資格を有する自衛官が陸海空の各自衛隊ごとに養成されています。こちらは、それぞれ三等陸曹、海士長、空士長の階級となっています。有資格者の技術陸曹としての採用もあります。

そして、自衛隊では、災害派遣や有事の際に看護要員となる隊員の養成のため、看護師または准看護師を養成する施設を隊内に有しています。看護師としては自衛隊中央病院で看護学生として養成しているほかにも、准看護師資格を持った隊員から選抜等を経て看護師として養成しています。

自衛隊での准看護師養成
  • 自衛隊では、衛生職種において看護要員を自ら養成する為、准看護師養成所施設を有しています。
  • 准看護師の養成は、陸上自衛隊においては札幌・仙台・富士・阪神・福岡・熊本・別府の各自衛隊病院です。海上自衛隊においては横須賀准看護学院です。航空自衛隊においては、岐阜基地に置かれた自衛隊岐阜病院で養成しています。
  • 養成後の准看護師ですが、陸上自衛隊では三等陸曹、海上自衛隊では海士長、航空自衛隊では空士長として勤務しています。
  • 資格取得後、海上自衛隊では自衛艦への乗り組み、航空自衛隊では航空救難団や航空機動衛生隊に勤務する場合があります。さらに、救急救命士も養成取得しています。、また救急救命士を取得しない場合には、看護師資格を別途取得可能となっています(陸空は選抜あり、海は選抜なし。看護師の階級は二曹)。
自衛隊で看護師になるには?

防衛医科大学校看護師養成課程(自衛官コース)は、保健師・看護師である幹部自衛官となるべき者を育成するコースがあります。4年間の教育を受け保健師・看護師の国家資格の取得を目指します。免許取得後は、陸・海・空各幹部候補生学校に入校し、幹部自衛官に必要な知識と技能を学びながら、幹部としての資質を養います。その後、自衛隊看護師として全国の自衛隊病院や衛生科部隊等で勤務し、実務経験を積んでいきます。

自衛隊中央病院をはじめとする全国16か所の自衛隊病院は、全国の部隊がある場所に設置されています。患者さんの多くは、自衛官やその家族、そしてその紹介者になっています。病院のほとんどが外科や内科などがある総合病院なので、医療設備も他の病院に負けないものが揃っています。

陸上自衛隊

  • 自衛隊中央病院(東京都世田谷区)
  • 自衛隊札幌病院(北海道札幌市)
  • 自衛隊仙台病院(宮城県仙台市)
  • 自衛隊富士病院(静岡県駿東郡)
  • 自衛隊阪神病院(兵庫県川西市)
  • 自衛隊福岡病院(福岡県春日市)
  • 自衛隊熊本病院(熊本県熊本市)
  • 自衛隊別府病院(大分県別府市)

航空自衛隊

  • 自衛隊三沢病院(青森県三沢市)
  • 自衛隊岐阜病院(岐阜県各務原市)
  • 自衛隊那覇病院(沖縄県那覇市)

海上自衛隊

  • 自衛隊大湊病院(青森県むつ市)
  • 自衛隊横須賀病院(神奈川県横須賀市)
  • 自衛隊舞鶴病院(京都府舞鶴市)
  • 自衛隊呉病院(広島県呉市)
  • 自衛隊佐世保病院(長崎県佐世保市)

刑務所でも准看護師養成をしています

法務省所管の医療刑務所などで、刑務官、法務教官に対し矯正施設での看護要員養成のため、准看護師養成施設を有しています。

アメリカでの従軍看護婦はどのようになっていたのでしょうか?!

1775年から、アメリカ陸軍では男女の従軍看護師が活動してきました。最初は、米西戦争での従軍看護婦の活躍を契機に、1901年に陸軍看護軍団(en:Army Nurse Corps)が創設されました。現在まで従軍看護婦を所管しています。

第一次世界大戦中は、1917年の参戦時点で約4000人の従軍看護師が現役で従軍していました。1年後の1918年11月には21000人以上に増加しました。そのうちの約半数がフランスや病院船での海外任務に従事していました。そして、第一次世界大戦中に約270人の従軍看護婦が戦没しています。

第二次世界大戦では、1941年末の参戦時には約7000人の従軍看護師が現役として従軍し、1945年までに57000人以上が従軍しました。救護用の航空機に搭乗した看護婦もいました。出動1万回に対して患者の死亡を5件に抑えるという成果を上げることに成功しました。しかし、時には危険にさらされることもあり、フィリピンの戦いでは67名の従軍看護婦がコレヒドール島要塞の陥落時に捕虜となったほかにも、イタリアのアンツィオの戦いでは従軍看護婦が自ら防空壕を掘って患者の保護にあたりました。戦没者は215人となりました。

米軍看護婦が、米兵より性暴力を受ける時が往々にしてあったということもあり、基地からの外出時は拳銃携行が奨励されていました。

朝鮮戦争やベトナム戦争、湾岸戦争でも従軍看護婦が現地で活動しています。米軍看護婦は軍事活動のほかにも、自然災害時の救護など人道活動にも従事しています。

看護師になりたい!

2013 看護師への道と「看護」を職業とし確立させ貢献した人.jp